スカイプチャットで英会話コミュニケーション

MENU

スカイプチャットで英会話コミュニケーション

パソコンネットワーク

 

スカイプチャットで英会話コミュニケーション

 

出張先で久しぶりに会った知人とランチをしていた時、ふいに「そういえば英語得意だよね?教えたりできる?」と聞かれ、予備校講師をしていたと答えると「オレにも教えて!」と言われました。でも彼と私は住んでいる地域が違います。冗談かと思っていると、彼はこともなげに「スカイプがあるじゃん。」と言いました。

 

当時スカイプが何かも知らなかった私ですが、帰宅すると早速ダウンロードし、会って三日後には最初のレッスンをしていました。最初はスカイプでの授業が本当に機能するのか半信半疑でした。文法のしくみや英文の構造を、目の前で書いて説明しないと分かりにくいと思っていたからです。が、チャット画面をホワイトボード代わりに使い、説明した事柄を次々アップできるので、全く問題ありませんでした。

 

1年でTOEICのスコアが200以上上がりましたから、効果もバッチリです。自宅に居ながら無料通話でレッスンが受けられると交通費や移動時間をセーブできます。彼は帰宅時間が遅く23時から授業をしていましたが、教室ではさすがにこの時間のレッスンはありません。自宅でできるスカイプの利点です。お互い出張も旅行も多いのですが、ノートパソコンがあればどこでも簡単にできます。一度などインドネシアから授業したこともありました。今では仙台・東京・沖縄などの生徒にもスカイプレッスンをしています。

 

 

チャットは夫婦間の予定管理にピッタリ

 

付き合っている時にはそう感じなかったのですが、結婚して一緒に住むようになってから、主人のスケジュールを把握しておく必要性を感じるようになりました。というのも、これまでは「○日は会社の飲み会だから」と聞いていても「ふーん」くらいに思っていたのですが、結婚してからは「じゃあその日は夕食作らなくていいんだ!」「私もお友達とご飯に行ける!」とか、主人の予定次第で私の予定にも影響を与えるようになってきたからです。

 

しかし現実は口頭で聞くだけでは当日すっかり忘れていて、うっかり夕食を準備してしまう…なんてことも。そんな時にお友達から聞いて知ったのが「urecy」というアプリです。このアプリは、友だちや仕事仲間・家族など、身近な人とグループを作って情報やスケジュールを共有できるサービスです。外出先でも簡単に予定が登録できて、相手が登録すると私にもお知らせが届くようになっています。

 

主人と共有して使うことで、それぞれのアプリ内のカレンダーでお互いのスケジュールを知ることができ、一目で相手の予定が分かるため、自分の予定管理や、ダブルブッキングなどを防ぐことが出来ます。

 

グループ内でのメッセージ交換も出来ますし、簡単な手書きイラストをアプリ上で描いて送ることができるので、スケジュール管理以外にも楽しむことが出来ます。とても使いやすくて重宝しています。

 

 

mixiのチャットでやり取り

 

学生時代にmixiの存在を知って、紹介でないと登録ができない事などで安心感もありずっと使用していました。まだLINEやtwitterなどのコミュニケーションツールは無く、mixiをやっているという事がステータスみたいな時代でしたので、毎日楽しく使っていました。昔から音楽が好きで、ライブには月に数回行っていたので、そんな私には画期的なツールでした。

 

来日情報、ライブ情報、アーティストの媒体の出演情報など、どんなサイトよりも一番早く知れるのがmixiでした。そのコミュニティに入っていると更新された内容がメールで送られてきて、授業中などにもチェックしていたのを思い出します。また余ってしまったチケットの売買や、一緒に行く人を探したり、フジロックなどのフェスで仲間を探したりもできて、今でもつきあいのある音楽友達はmixiがきっかけで知り合った方も何人かいます。

 

mixi全盛期が終わろうとしている頃にはチケット売買の詐欺などがニュースになったり問題が次々と起きていましたが、自己責任で判断し、変わらずに続けていました。しばらくしてホームデザインが変わり、私には合わなくて使いづらくなり、今では放置状態ですが。。一番思い入れのあり、自分の音楽の幅を広げてくれた、思い入れのあるコミュニケーションツールです。

 

スマートフォンライブチャット